管谷怜子のブログ

はじめまして。福岡を中心にピアノ演奏活動とフリューゲル音楽教室を主宰しています。ホームページはhttp://music.geocities.jp/ryonmoko/

『第9回 バッハ クラヴィーア作品全曲連続演奏会』ご来場まことにありがとうございました

第9回もたくさんの方々においでいただき、本当にありがとうございました。今回はブゾーニのバッハ編曲作品を取り上げたこと、さらにピアノもいつものブリュートナーではなく、シュタイングレーバーを使用したこともあって、いつもとは異なる時代観や音色をお楽しみいただきました。

 

イギリス組曲も残すところ第3番のみとなりました。今回演奏した第4番、第6番は比較的演奏される機会の少ない作品で、解釈や舞曲同士の流れ方にはまだまだ工夫の余地があったかとも思いますが、滅多と聴けない滋味な作品を取り上げることは全曲連続演奏会ならではの楽しみでもあります。

 

 そして、今回はなんといっても、ブゾーニ編《シャコンヌ》が強烈なインパクトを持って聞いていただけたことと思います。演奏者自身も《シャコンヌ》のもつ、強烈でゆるぎない底深いエネルギーみたいなものに半ば圧倒されながら、演奏しました。このような作品は自分自身が興奮していながら、半分は冷静で虎視眈々と弾き進めなければなりません。大変精神的な熟達度を求められなと改めて実感しました。

 

さて、次回第10回は、FFGホールで、ハイドン弦楽四重奏団とのコンチェルトをメインに計画しています。そして第10回でも今回演奏した《シャコンヌ》を演奏する予定です。FFGホールの広い空間に響き渡る《シャコンヌ》の世界をお楽しみいただければと思っています。

 

これからも、『バッハ クラヴィーア作品全曲連続演奏会』をどうぞよろしくお願い申し上げます。